2010年7月「預言カフェ」記録

2010年夏。だいぶ煮詰まっている様子です。(常にそうか…orz)まだ占いは生徒です。「占いは趣味です。仕事にはしません」とあちこちで言ってました。(プロ化するのは2011年の春なので、ここからあと半年ちょっとです)

このときに「手のひらを見る」と言われてますが、このあと手相をがつっと習いはじめます。このころからすでに「教える才能がある」と言われていますが、「はて?このわたしが何を教えるのか?!」と話半分にしか聞いていません。未来に何が起こるかなんて、ちっぽけな自分の意思だけではとてもわかりませんね。(2017年11月記)

実は私、つくづく梅雨と夏場は具合が悪いのです。個人的な調子の悪さと、日々の仕事とを完全に切り離して毎日過ごすように訓練してしまったので(その不自然さの歪みは、私生活側に影響が出ます…)日々の仕事にはほとんど影響ないです。幸か不幸か。。。

でも、そういうときはそういうふわふわしたものに惹きつけられやすいかも。自覚はあります。いちおう。

なんといいますか、「主が〜」そう言うからって、そのとおりになる、とかいう類いのモノじゃないと思ってます。これって。例えば「経済」とか「人間関係」とか、そういう具体的なテーマについて話されることによって、自分の中のそういうテーマに意識が向けられて、そこを磨いていくことによって、結果的にいい方向に向かうといいね。…的なモンじゃなかろうか。(私はそういう捉え方で、話を聞いています)

そして、今年。

ちゃんと確認しないで行った私も悪いんだけど、引っ越してたのね。早稲田大学の正門前通りの店舗は「前世カフェ」なる店になってた。

新しい移転先は、高田馬場でした。JR戸山口(新宿側)から線路沿いを新宿に向かって右側の道を徒歩2分ほど。こんどはちゃんとエアコン完備の立派な待合室があって、さんざん路上で
待たされることもなく、快適快適。

コーヒーはいろんな国の豆が揃ってる。ブラジル豆にしました。〜ジャコウネコの排泄物から抽出したコーヒーってのに興味しんしん。頼んでみたかったけど、なんと3000円!!!だったので諦めました。

「こんにちは」って、にこやかなスタッフさんたちは隣に来てくれると、レコーダーを片手に、どんどんどんどん喋ります。(3-5分くらいかな?)終わってから話しかけたなら、いろいろ答えてくれるみたいですけど、私は挨拶とお礼以外は言わなかったから、預言以外は一切喋んなかったよ。

2010年7月 預言cafe

※「主が言われます」「我が娘よ」の部分は、すべて省略
※「私は~」というのは喋り手ではなく、「主は~」ですね。


私には「あなたが手のひらを見ている」そういうイメージが来るのですが、あなたの手を通して為されていくもの、形作られていくものに対して、私は変化を与えていく。

いままでのやり方とは違った新しい方法も、あなたが得ていくことができるように私はいま用意していますよ。そのことに対して期待しなさい。

あなたの幅が広げられていく、なにか新しい方法を受け取ることによって、もっともっといろいろな事柄において、あなたが良さを表していくことができるようになる。

これと、これと、これに対してあなたが良さを表していた。けれどもそれ以外のものに対しても、あなたがあなたの良さを表していく、そのような事柄があなたの前に用意されていくから。

ですから、小さくまとまっていくのではなくて、大きくあなたがもっともっと変化していく、それを私はいまあなたに与えたいと思っています。期待しなさい。期待しなさい。

いまの自分にはできないと思ったり、人と比較して自分なんて、と思っている、そのような想いをあなたの中から取り去っていく。

もっともっと手ごたえを感じていく、自分に自信を持っていく、それをいま私はあなたの心に回復したいと思っています。

あなたが通ってきた道において、自信を失ってきた、もしくは人と比較して自分なんて、と自分を小さく見てしまった、そのようなものを回復したいと思っていますよ。

そこが少しずつ少しずつ回復されて、あなたがもっともっと自分の持っているものを喜んでいく、それを使っていく、もっともっとあなたが拡大されていく、それをあなたが手にすることができますよ。

また、教える才能、賜物、それがあなたの中にありますよ。あなたの言葉を語り、あなたのしていることを通して、人々に教えていく。それがこれから起こっていきますよ。

それを受け取った人々が喜んでいく。なにかそのようなイメージが来るんですが、あなたが教えることによって、その教えられた人々がもっともっと喜んでいく、ハッピーになっていく、それが起こっていきますよ。そのことに対しても期待しなさい。

人間関係において、関係作りが難しいなと考えてしまっている、人は難しいな、と思ったり、人はストレスを感じさせるだけのものだな、煩わしいよ、と思うようなあなたの想いにいま私は触れている。

あなたが人々に対して煩わしさや面倒くささだけを見るのではなくて、もっと人とのつながりにおいて、喜びを見ていく、信頼関係を見ていく、そのことをあなたができるように私はしていく。

あなたが我慢していたこと、そこにいま私は触れていますよ。人に対して我慢してきた、あなたが耐えなければならなかった事柄に対し、私はそこを癒し回復し、あなたがそこに対してクリアなものにする。なにか苦々しさや、嫌な想いがあったところがクリアになっていく。それを期待してほしい。

あなたのその見方、あなたの考え方にも変化が起こってきますよ。人との関係において変化が起こっていく、人との関係の作り方、それが変わっていくことを期待しなさい。

ますます私はあなたを喜びに満たし、あなたを進ませますよ。ですから、もっともっと希望を持ってください。

いまの現状や問題や小さな事柄を見て、あなたが将来を決めてしまうのではなくて、あなたが小さな事柄や問題を乗り越えて、その先に進む。もっともっと私が用意している計画にあなたが入っていく。それを期待してください。


今回がいちばん、ぐさーーーっと刺さったかも。

「あー。私って、つくづく夢も希望もないニンゲンなんだなー」とか、改めてしみじみと再認識しましたですよ。

びゅーびゅー風が吹き荒れて、でも星がすごーく綺麗な砂漠、みたいな無限の荒野であっても、必ずどこかにところどころオアシスはあるし、住めば都だよ♪って信じて生きてるんだなー…って思ったり。

乾いているのが好きなのです。ウエットなのが苦手なのです。

… なにせ泣けないオンナですので。
(あ、もしかしてきょうも蠍座の月だ)

私にも相当に濃い水成分があるのに、自分はそれを認められない。夏が嫌いなのも、個人的に私が抱える数多の問題群も、おそらくすべてはそこに帰するのです。頭ではわかってるんですが。もうちょっと辛抱強く、よく味わいつつ、考えてみます。

(2010年7月記)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。