2016年 生誕300年記念 若冲展

生誕300年記念 若冲展 ⇒★

2016-05-16-1856

5/24まで上野で開催されている若冲展、想像を絶する大混雑!!!
なんの因果か由ありまして、二日間にわたって連日体験してまいりました。

2016-05-16-1859

といっても、いくらなんでも、昼間に何時間も並ぶ根性はありません。閉館際ならまだマシです。

館内は当然ながら大混雑でしたけど、想像して覚悟してたほどではなかった。(んまーでも推して知るべし…)

しかしですねー… これからますます混むのでしょう。

15日(日)は16時半から並んで入館できたのは17時半=待ち時間60分でした。しめしめ、60分なら儲けもの、とおもったら(この時点ですでになにか狂ってる気がするが…)

翌日16日(月)は16時15分から並んだのに、列は前日スタート地点よりずーーーーっと後ろのほうでした。(マジか…)結局無事に入館できたのは17時45分なので、90分待ち。ちーん。(いや、昼間に比べればなんのその…)

ということは、おそらくここから24日まできっとどんどん混雑が激しくなるのでしょう。うーん。。。すごい。凄いですよ。図録はもう現物が無いので、宅配便の伝票を書いてお金払います。送料は無料で、後日送られて来るそうです。って、その購入するにもずらーーーーっと並びます。いやはや、いったいどんだけ〜?!

そんなこんなで、とにかく大変でしたけど『動植綵絵』と「釈迦三尊像」をまるっと、さらにプライスコレクションの『鳥獣花木図屏風』を同時に見られるってのはやはりすごいことです。モノ好きでお時間と根性のある方にはぜひお勧めします。

と、思いましたら、なーんとこれを書いてる18日(水)は、シルバーデーで65歳以上無料とのことでございます。

うっひょーーーー!!! なにそれ?!320分ってことは、5時間以上?!いくらなんでもそれはどうかしてる… いま11時半なので、入場できるのは4時半?!うっそーーー^^;;;

2016-05-15-1816いくらなんでもそこまでする気はないけど…であれば、秋のこちらを待ちますか…箱根の岡田美術館にて「若冲と蕪村」→★

「孔雀鳳凰図」は83年ぶりに発見されたそうで、そちらも出るようです。そもそも岡田美術館といえば、2800円?!という入場料と厳重なセキュリティチェックがある、とききまして、ちと及び腰で行ったことないです。ミーハー根性出して、この際行ってみますか〜。

ちなみにこの「若冲と蕪村」展は、確か去年だか(一昨年?)六本木でやってました。(サントリー美術館ですね ⇒★)たいへんおもしろかったです。そこまでひどい混みかたではなかったので、空いてそうな時間帯を狙って行って、じっくり堪能出来ました。よかったです。

2016-05-18-1038ちなみにわたしの部屋に貼ってあるのはこちら。イイカンジです。お宝です。

「若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―⇒★

震災復興支援のため、2013年に仙台⇒岩手⇒福島と東北三都市での開催でした。わたしは福島にいったんですけど、とてもよかった。行って良かった。

20160515-1750ふふふ♪ この象さん、ほーんとにカワイイですね。

大行列と大混雑の荒波を乗り越えて、ようやく最後にたどり着くショップもまた大行列の嵐ですが、めげずに購入しました。日本酒です。

Spread the love
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。