2018/01/23 東京の大雪 @寒牡丹

大雪の翌朝、寒牡丹を見に行きました。え?こんな真冬に牡丹が咲くの?と、半信半疑で行って驚いたのが数年前。雪が降ると、雪の中の牡丹が見たくなります。

積雪に抱かれた真冬の寒牡丹。なんたる光景でしょう。

前日の激しい吹雪にも耐えて、綺麗に咲いています。

いくらこうやって傘を被っているといえども、あまりにも過酷な環境です。

しかしまぁ、これがなんとも素晴らしい。息をのむほど美しいのです。

こんな真冬に、こんな鮮やかで豪華な花をみごとに咲かせようとするなんて、人間という生き物はいったいなにを考えているのでしょう。(こういうことを「ヘンタイ」というのですね。不可能を可能にしようとする飽くなき情熱)

細やかなしつらえも美しい。

ミツマタの木のポンポンにもたくさん雪がついていて可愛らしい。

どひゃーーー。それにしても、大雪ですよ。みんな埋まっている。

周りの木々もみんなこんなかんじ。たくましいなぁ!

雪の中からひょっこり現れる鮮やかな赤。

たとえ雪の中でも、時が来れば咲く。

咲き切ったら、散る。

パンダの親子もびっくりでしょう。

氷牡丹。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。