2015〜2016 ダイヤモンド富士追っかけプランを考える

だんだん空気が澄んで、夕方暮れるのが早くなってくると、今年もまたダイヤモンド富士観測のシーズンがやってきます。

ダイヤモンド富士、というのは、富士山頂から太陽が昇る、または富士山頂に太陽が沈む(→ その瞬間にダイヤモンドのように輝く)という現象のことです。
富士山が見えるなら、どこからでも観測できるというわけではありません。太陽の動きに伴って、下の地図の範囲の地点で、年に2回(または1度だけ)観測できます。

map_diamond

関東の富士見百景「ダイヤモンド富士」(国土交通省)

観測ポイントが圧倒的に多いのは、富士山より東側にある関東一円(神奈川、東京、千葉、茨城)で、これは夕暮れに太陽が富士山頂に沈んでいくタイプのダイヤモンド富士です。

2014/11/15 ダイヤモンド富士 @JR高円寺駅

2014/11/27 ダイヤモンド富士@浅川土手

日の出のダイヤモンド富士が観測できるポイントは、富士山より西側の山がちな地形ばかりでになるので、非常に数が少ないです。有名どころは、静岡県の田貫湖、山梨県の身延山あたりです。

謹賀新年 〜2015年元旦 Wダイヤモンド富士@本栖湖リゾート〜

理論上は夏でも観測できるはずですが、春、梅雨、暑い時にはそもそもなかなか富士山が見えませんから、観測は難しい。実際は秋〜冬のあいだが、観測シーズンです。ポイントは、秋口からだんだん北上して、冬至の日の高尾山山頂は北限となり、こんどは折り返してだんだん南下していきます。

2014年 朔旦冬至 〜 日没@高尾山(ダイヤモンド富士)

世の中には、ダイヤモンド富士追っかけプロ!みたいな方々がいっぱいいらっしゃって、とてもじゃないけどそういう方々の足元にも及ばないのですが、行ける範囲でわたしも追っかけをしています。ということで、今年もそろそろスケジュールを考えようかな…

仕事の休み、お天気、交通アクセスなど、いろんな条件を勘案してようやくたどり着いても、雲が多くて観測できない、なーんてことはしょっちゅうです。でも行くのです。なんでだろうなー。見えた時の感動がやっぱり何にも勝るからでしょう。

行きやすい場所での有名どころは、結構大々的に宣伝していたりします。(そういうところは、めちゃくちゃ混みます。。。)

2015年10月14日〜10月23日
千葉cityベイエリアからダイヤモンド富士を見よう

2015年10月中旬〜2月末まで
山中湖 ダイヤモンド富士

2015年11月9-10日 2016年2月1-2日
文京シビックセンター展望ラウンジ

サンシャイン60展望台は、リニューアル中とのこと。今年はNGです。
東京からのポイントは、いろいろありますが、ちょっと数が多すぎるのでリストアップ断念。

メジャーなところでは、東京タワー、東京スカイツリー、六本木ヒルズ、世界貿易センタービル、東京都庁あたり。

変わり種としては、お台場や葛西臨海公園の観覧車の中(!)とか、鎌ヶ谷市役所の屋上(スカイツリーと富士山が同時に見えるそうです!事前申し込み制。超激戦らしい)とか、もっともっとはるか遠くの霞ヶ浦(遠い!!!)あたりから狙う凄腕の方々もいらっしゃいます。

おそらくマニアは、なるべく人が少ない+美しい構図で撮れるポイントを探すようになっていくようです。

個人的には、多摩川沿いが好きです。多摩モノレールの駅からは、どうやらよく見えるようです。荒川土手沿いからも、少しずつ移動しながら、かなり長い期間見えるようです。

モノレールから ダイヤモンド富士は 見られるの?
日野でダイヤモンド富士

いつもポイント探しで、わたしが参考にさせていただいているは、このサイトです。とにかくすごい。圧倒されます!!!

山岳展望

もっとマニアックに追求しようとすると(パール富士とかね)、このソフトが役に立ちます。

カシミール3D(3D地図ナビゲータ)

今年はどうしようかな… 楽しい悩みです☆

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。