温泉探訪 003 〜 御座之湯(草津)

2015年2月 草津シリーズ(其の弐)

2015-02-17 08.01.11

白旗源泉の真後ろにある、真新しくて綺麗な建物が御座之湯です。入湯料500円。(お座敷での休憩希望だと料金加算。営業時間は季節によって違うようなので要確認)

2015-02-16 13.47.54

玄関入って、受付から見て右側が「木之湯」、左側が「石之湯」で、日替わりで男女が入れ替わるとのこと。連日入ったので両方のお風呂場を体験しましたが、ヒノキの浴槽で全体に木で作られている「木之湯」のほうが有機的な味わいはある気がします。「石之湯」は全体が御影石で作られていて重厚な(というかもしかして古代ローマとか?!)な雰囲気を醸し出しています。

どちらのお風呂場でも、ふたつの浴槽があって「万代源泉」と「湯畑源泉」の二種類の源泉を堪能できます。万代源泉は、ぴりりと辛口といった雰囲気のきりりとしたお湯。比較的新しい源泉で、毎分約6,200リットルの湧出量で、源泉温度はなんと約95度、とのこと。(大滝乃湯で打たせ湯に使われているのも同じ万代源泉。目に入るとしみるのなんのって!!!)→★ 万代源泉に比べると、湯畑源泉は比較的まろやかに感じられますが、そうはいってもこちらも草津が誇る強酸性の温泉であることに変わりはありません。→★

ああ。熱くて幸せ。夜遅くと、翌朝の一番乗りで、御座之湯をみっちり堪能しました。
なんと贅沢なことでしょう。また行きますとも。

草津温泉 御座之湯 http://gozanoyu.com/

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加