光泉寺(草津)

01-2015-02-16 13.51.52
草津のシンボル、湯畑を見下ろすようなロケーションにある光泉寺。
2015-02-16 13.50.14
ピカピカの新築・御座之湯 →★ のすぐとなりに「白旗源泉」の看板が出ています。
この中を覗き込んでみると…
2015-02-17 07.57.45
湯気がもうもうと立ち込め、どうやらここからお湯が湧いているらしい。源頼朝が浅間で狩りをしたときに、道中の草津でこの源泉に浸かったという伝承があるんだそうな。この中に小さな祠が祀られているけれど、あまりにお湯の成分が強すぎて、祠も投げ込まれたお賽銭も変色変形してしまっている。「白旗の湯」の名は、源氏の白い旗に由来するそうです。すぐ隣にある「白旗の湯」も素晴らしかった。→★

では、光泉寺の参道に向かいます。

2015-02-16 13.52.56

2月の上旬だったので、まだまだ雪がたくさんあります。長い石段を登っていきます。階段は綺麗に雪かきされているものの、凍ってつるつる滑って、雪に慣れないニンゲンにとっては、足元とってもあぶないかんじ。
山門のあたりから振り返ると、湯畑を一望することができました。

2015-02-16 13.54.47

登りきった… うわお。どこもかしこも雪に埋もれてます。

〜光泉寺は、白根明神の別当寺として正治二年(1200)に草津領主湯本氏が再建したと言い伝えられている。〜光泉寺サイト →★

なるほど。白根神社とセットでお参りするのが順当ですね。

2015-02-16 13.54.33

釈迦堂は「遅咲き如来」として有名だそうです。
〜元禄時代東大寺公慶上人の作として伝えられていた釈迦如来は、平成十七年の調査により、そのことが事実であると証明されました。以来三〇〇年を経て世に出た仏様であることから、「遅咲き如来」として地域の人々に改めて信仰されております。今まであまり花を咲かせられなかった方々、これからもう一花咲かせたいと願っている皆様、是非お参りし、願いを叶えていただきます様祈念申し上げます。〜 光泉寺サイト →★

2015-02-16 13.55.01

本堂は新しくて綺麗に整えられてました。
温泉聖地らしく、御本尊は「薬師如来」とのこと。

〜薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土とも称される)の教主で、菩薩の時に12の大願を発し、この世門における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめ、かつ仏行を行じては無上菩提の妙果を証らしめんと誓い仏と成ったと説かれる。瑠璃光を以て衆生の病苦を救うとされている。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。〜 wiki 「薬師如来」→★

要するに、病気を直してくれる如来さま、という形で信仰されるのが「薬師如来」という理解で合ってるかな?

2015-02-16 13.59.24

もふもふのざくざくの雪に埋もれた石像がたくさん。

2015-02-16-1339

草津のお湯のパワフルさには、ただただ圧倒されるばかりです。
ではこの足で、そのまま白根神社にに向かいます。

真言宗豊山派 草津山 光泉寺
群馬県吾妻郡草津町草津甲446 →★

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加