玉前神社(上総一ノ宮)

008-2014-03-21 11.05.50

「レイライン」ってご存知でしょうか?  めちゃくちゃざっくり言えば、春分・秋分、冬至・夏至など、暦の上で特別なポイントにあたる日に、太陽の光が通過する地点には、歴史上重要な聖地がたくさん点在している、というような話です。→★

2015-04-08 15.37.51

日本で最も規模の大きい「春分・秋分」レイラインの起点とされるのが、千葉の玉前神社です。東京からは近いようで意外と遠く感じる房総半島、2015年の春分の日に合わせて訪ねてまいりました。

   001-2014-03-21 10.35.56

上総一ノ宮の駅からは、徒歩10分かからないくらいです。太平洋の海岸沿いからは、たぶん3-4km離れているかな。

002-2015-03-20 16.58.04 HDR

こちらの鳥居のお隣には…

003-2015-03-20 16.58.27 HDR

なんと立派なお水取り用の取水栓があります。蛇口が3つ。きっと日によってはだいぶ賑わうポイントなのでしょう。

004-2015-03-20 17.00.12

この但し書きがなかなか味わい深くて素敵です。「水質検査を受け、基準は満たしておりますが、神気が失せる為、日を置かずその日の内にお召し上がりください」とのこと。「神気が失せる為」ですよ、ねぇ奥さん!いいじゃないですか〜。
さらにその続きに書かれているように、確かにちょっと錆びっぽい鉄分の多いお水でした。いいんです。そういうところにもご神気を感じるじゃーありませんか。(しかしまぁ、そういうことに文句いう人いるんでしょうね…だったら最初っから頂かなければいいのにね〜)

005-2015-03-20 17.00.55

本殿への参道。こじんまりとした優しい雰囲気の場所です。本殿は改修中でした。(だいぶ前に来た時も改修中だった気がする。ずいぶん大規模な改修なのでしょうね)

006-2015-03-20 17.03.22

これ、なんだろう?このまわりをはだしでぐるぐるまわるといい、と書かれてるのですが…

2014-03-21 10.53.20

ちょうど祝日で、いろんな行事が行われていたようです。

007-2015-03-20 17.04.23

あ!「上総十二社祭り」という勇壮なお祭りがあるそうなのですが、これが十二社の案内のようです。気になるな〜。「ご祭神玉依姫命とその一族の神々が由縁の釣ヶ崎(つりがさき)海岸で年に一度再会されるという壮大な儀礼です」とのことなので、これはとりあえず、釣ヶ崎海岸に行ってみようじゃないの、ということで、この項つづく、です。

上総国一之宮 玉前神社
千葉県長生郡一宮町一宮3048 →★

ちなみにこの日の早朝、楽しみにしていた春分の日の出は拝むことができませんでした。ざんねーん。

2014-03-21 06.39.45

水平線がすこーーーしだけオレンジ色に染まっただけの朝。たくさんのサーファーさんたちが、太平洋の荒波に漕ぎ出しては、ダイナミックな波にすいすい乗っていました。眺めているだけで楽しかった。サーフィンってなんてシンプルで、なんて難しそうなんだろう!同じ波に出会うことは二度とないわけで、なんてダイナミックなんでしょうね。すごい。

この翌日には、山梨の身延の山奥(七面山)に登拝して、友人の天音なおみさんは富士山から登る御来光を拝んできたそうです。(すごいんだよ。険しい山道を登って、宿坊に宿泊して、お天気に恵まれたときだけ拝める特別な光景。羨ましい〜!)→★

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加