度津神社(わたつじんじゃ)

度津(わたつ)神社。佐渡国一宮。

f:id:tamayura10:20140510182432j:plain夜中からの雨は止んだけれど、強い風が吹き荒れる早朝、小木からのんびりと自転車を漕いで行ったのですが…

てれてれしてたらあっというまに飛ばされそうなくらいの強風にあおられ、途中で何度も断念しようかと迷いました。

漕げども漕げども着かない。地図で見ていたよりも、意外と遠い。。。

いや、でも諦めなくて良かったです。

目の前にこの鳥居が現れた時の感動たるや…

f:id:tamayura10:20140506055137j:plain

このように、山を真後ろに背負っている神社が好きです。きっと、そもそものご神体は山だったのではないかと想像します。

こちらのご祭神は、スサノオとその子供である三柱の神々。樹木の文化を司る、林業、建築業、造船業の神と記されています。なるほど。南佐渡は如何に栄えていた土地であったか、歴史がしのばれます。

f:id:tamayura10:20140506055136j:plain

とにかく空気が清々しい。

雰囲気はとても柔らかく、そっと包み込んでくれるような空気です。

f:id:tamayura10:20140506055138j:plain

すばらしい。なんていい神社なんだ〜〜〜!!!

裏山には散策路があるようなので、ぜひのぼってみたかったのですが、足元がぬかるんでいたのと、時間が足りなかったので泣く泣く断念しました。ぜひ今度また来よう。

初めて訪れる神社では「お邪魔させて頂きました。ありがとうございます」としかふだんは言わないのですが、ここではついつい「素晴らしかったです。ありがとうございます。またここに来させて下さい!お願いします!」と図々しくもお願いしてきました。だって、海運や交通の神様ですからね。お許しをば☆

さらにこの神社から山方面へ続く道を行くと「佐渡のチベット?!」とも呼ばれる地域(羽茂大崎)にたどり着くようです。うむむ。。。確かに、ここからさらに山に入って行くということは、かなりの奥地、な感じはします。そのうち訪ねてみたいです。ここにはまたお邪魔できるでしょうから。たのしみです。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。