湯前神社(熱海)

yuzen-01-2015-02-09-0734

熱海の温泉街の中、日光亭大湯 →★ の真ん前にあるのがこちら。
その名も湯前神社。(ゆぜんじんじゃ)

yuzen-05-2015-02-09-0733

翌日がお祭りだったようで、境内では忙しく準備が進められていました。

yuzen-04-2015-02-09-0731

温泉神社らしく、少彦名が祀られています。(温泉、お酒、医薬などなどに関連するところによく祀られているそうです)

yuzen-03-2015-02-09-0732

どこをみても湯気がもわもわとたちのぼる街の風景。

yuzen-02-2015-02-09-0901

晴れた日だけでなく、寒い日も曇った日も同じように。もわもわもわ♪

yuzen-06-2015-02-09-0731

都より 巽にあたり 出湯あり 名はあづま路の 熱海といふ (源 実朝)

「建保2年(1214年)正月、23歳の実朝が第4回目の二所詣のとき、箱根権現から三島社を経て伊豆山権現に向かう途中、熱海の海岸に湧出する大湯(温泉)を見て、崇め讃えて詠んだもので、天和元年(1681年)に描かれた『豆州熱海絵図(ずしゅうあたみえず)』にも『湯前神社』を示す絵図とともに実朝のこの歌が記されています」とのこと。

yuzen-07-2015-02-09-0733

境内(から道路にはみ出して)大きな楠が生えています。さすが伊豆は温暖な気候のせいなのか、大きな樹木が多いですね。

yuzen-08-2015-02-09-0727

いかにも由緒正しい古木、の風情です。来宮神社の大木を思い出します。→★

yuzen-13-2015-02-08-2019

夜ごはんの帰りに、覗きに来てみました。

yuzen-09-2015-02-08-2013

境内にはお祭り前の提灯が並んでいて(ここにはうまく写ってませんが)、ぼんやりと幻想的なムードが漂っています。

yuzen-10-2015-02-08-2017

夜も変わらず、こんこんと湧き出すお湯がとても熱い。
手水舎じゃなくて、さしずめ手湯舎?!

yuzen-11-2015-02-08-2015

このお湯のしぶきと湯気を浴びているだけで、うっとりと幸せな気持ちになります。

yuzen-12-2015-02-08-2020

お湯の神様ありがとう。またお邪魔させてください。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。