2015/01/09 東京日の出紀行〜01(ザ・リッツカールトン東京)

東京都内から日の出を探すぶらぶら紀行はじまりはじまり。
ゆるくテキトーに気が向いた時だけ行きます。

初回だけは気合い入れまして、六本木ミッドタウン、ザ・リッツカールトン東京 45F タワーズグリルから見る超ゴージャスな日の出です。

ちなみに、一年のうち日の出がいちばん遅い時期は、1月の上旬です。東京ではだいたい6時50分前後。というわけで、この時期ならではのお楽しみ、でございます。

質問1-4)1年のうちで、日の出、日の入が一番早い日(遅い日) はいつ? | 国立天文台(NAOJ)

f:id:tamayura10:20150114185654j:plain

リッツカールトンは、六本木ミッドタウンに併設されています。
ドアマンに迎えられて玄関を入ったら、正面のエレベーターから45Fロビーに向かいます。タワーズグリルの朝食タイムOPENは6時半。まだ外はほぼ真っ暗です。

f:id:tamayura10:20150114185646j:plain
ロビーフロアはこんなかんじ。まだオープン前で誰もいません。(撮ってるのはすでに日の出後の7時半頃)

受付のお姉さんは金髪美人で、いきなり英語で話しかけられました。おおお。びっくりした。ココハガイコクデスカ〜〜〜?!いっしゅんひるみながらも、「ワタクシはウインドウサイドのサンライズがみえるシートにスワラセテモライタイノデスガ…」と、錆びた英語で答えます。よかった。ちゃんと通じました。無事に東京タワーが目の前に見えるカウンター席に案内してもらうことが出来ました。

f:id:tamayura10:20150114185641j:plain

6:45 日の出直前です。(この席から見る東京の夜景はさぞや美しいだろうなぁ〜〜〜!)

f:id:tamayura10:20150114185642j:plain

6:46 実際にはちょっとピンク色っぽかった太陽。
しずしずと昇ってきました。

f:id:tamayura10:20150114185643j:plain

昇り始めたらあとはどんどん丸い姿を現します。

f:id:tamayura10:20150114185644j:plainあっというまに、モノクロだった世界に、オレンジ色の光が満ち満ちます。

f:id:tamayura10:20150114185645j:plain

遠く房総半島から東京湾全体に、光が降り注ぐ。圧巻!!!

はぁ… 凄い。凄かった。
言葉を失いました。最高の迫力。

このお店から、東京タワーの隣に日が昇るのを見られるのは、冬期この時期だけの密かなお楽しみでしょう。(そもそも開店時間の6時半より遅い時間に日がのぼる時期じゃないとダメですからね)

※ 今回お邪魔したのはこちらのお店です。

クラシックアメリカングリル「タワーズグリル」

※ 参考記事はこちら

ザ・リッツ・カールトン東京・Highな日の出: 東京日の出研究所

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。